上伊那会



                                                23期
                                              牛山 喜文

                 ■長野県 上伊那会開催■

 毎年開催している上伊那会、今年(平成21年度)は8月駒ヶ根市で開催しました。
 今回は、長野県支部長の宮沢昭男氏(14期)に出席いただき、学園の情勢報告を頂くと共に、長年役員職として職務に精励しこの3月末で退職した下島公平氏(21期)宮島紀義氏(26期)の送別、及び、新人会員として62期北海道出身でJA上伊那営農部畜産課勤務となった長澤真理雄君の歓迎を含めて開催しました。今回は9名の参加であったが、この上伊那会をリードしている9期の樋屋喜吉氏と、新会員の長澤君との年齢の差は53歳で、家庭で言えばお爺さんと孫の関係となります。しかし、学園教育の根底に流れる人間性(ヒュマニティー)は肩を組んで歌う寮歌で一瞬にして仲間同志として鯉淵魂をもった者同士に変身します。これからも頑張ってまいります。



■写真紹介
<前列左側より>
 宮嶋紀義(26期)、下島公平(21期)、樋屋喜吉(9期)、宮沢昭男(14期)、牛山喜文(23期)
<後列左側より>
 長澤真理雄(62期)、伊藤泰幸(29期)、久保田孝明(61期)、小田切政市(29期)